ブランチの作成方法について見ていきましょう。branchはgitを扱う上で非常に重要な機能です。そのブランチを作る方法をここで学んでおきましょう。

目次

branchとは

branchとは、gitの非常に重要な仕組みです。branchがあるからこそ、複数の開発ラインを設けたり、共同開発を行ったりということが、非常に簡単に行えるんです。

branchの作成方法!

それでは早速作り方を見ていきましょう。

新規ブランチの作り方

完全新規のブランチを作る方法は二通りあります。一つはbranchコマンドを利用した方法。

もう一つはcheckoutコマンドを利用した方法です。どちらを使用しても結果は変わりません。どちらを選んでも大丈夫です!

branchコマンドを使用した作り方

branchコマンドを利用した作り方はシンプルです。「git branch」に続けて、作りたいブランチ名を記述しましょう。

git branch [新規ブランチ名]

checkoutコマンドを使用した作り方

つぎにcheckoutコマンドを利用した作り方です。こちらは「-b」オプションを利用します。-bオプションをつけないと、ブランチの切り替えとなってしまいます。ブランチを作成するのなら-bオプションを必ずつけましょう!

git checkout -b [新規ブランチ名]

リモートのブランチを元にした作り方

誰かがリモートにあげたブランチを元に、自分のローカルブランチとして作成することもできます。その場合、checkoutでの生成コマンドの後ろに、「リポジトリ名」と「元となるリモートブランチ名」をつけましょう

書き方:

git checkout -b [ローカルで作るブランチ名] [リモートリポジトリ名]/[元となるリモートブランチ名]

少しわかりづらいため実例も見てみましょう。

実例:

git checkout -b new_branch origin/new_branch

この実例は、originリモートリポジトリの「new_branch」を、ローカルにも同名で作成している例です。

リモートへのあげ方

次に「ローカルで作ったブランチ」をリモートへ上げる方法を学びましょう。こうすることで初めて、ブランチをみんなに共有できるわけですね。

git push -u origin [リモートへ上げたいローカルブランチ名]

ちなみに「-u」オプションは追跡ブランチとして、設定するためにつけています。追跡ブランチについては少し難しい話となるため、説明は割愛します。初心者の方は、まずはおまじないよのように「-u」オプションを必ずつけておくことをお勧めします

branchを作った後に!

branchを一覧確認

ローカルブランチのみを一覧確認するなら、以下のようにbranchコマンドを叩きましょう。

実行処理:

git branch

実行結果:

$ git  branch
  branchA
  branchB
  branchC
* master

結果時に頭についている※印は、現在選択中のブランチです。またリモートブランチも一覧表示したい場合は、以下のように-aオプションをつけましょう。

git branch -a

branchの切り替え方法

切り替えるのは非常に簡単です! checkoutコマンドを利用しましょう。

git checkout [切り替え先のローカルブランチ名]

ローカルブランチの削除方法

ローカルブランチを削除するときは以下のコマンドです。-Dオプションをつけるだけなので簡単ですね!

git branch -D new_branch

リモートブランチの削除方法

リモートリポジトリを削除するときは以下のように打ちます。

git push --delete origin new_branch

また注意点として、リモートブランチを削除したとしても、他人の環境で表示が残り続けてしまいます。その場合は、以下のコマンドを打ってもらい、削除の同期をかけてもらいましょう。

git fetch -p

チェックテスト

チェックテスト下記、コードにおいて、下記表示をするために必要なcssプロパティはどれかdiscordにて共有ください。

TOP