Linuxコマンドは数が多く、コマンドのオプションも豊富にあるため覚えるまでに時間がかかります。簡単なコマンドを打ってみたものの、なかなか覚えられないと悩んでいる人もいますよね。

しかし、よく使うコマンドに絞ればそこまで数も多くなく、利用シーンに合わせて覚えることで効率的に習得が可能です。

そこで、今回は一覧にまとめつつ、次の目的別によく使うLinuxコマンドを紹介します。

目次

そもそもLinuxとは?

LinuxはWindowsやMacなどと同じOSで、コンピューターのすべてのハードウェアを管理しているソフトウェアのことです。Linuxはリーナス・トーバルズ氏によって開発され、1991年に最初のバージョンが公開されました。

当初はパソコン用に作られたOSでしたが、いまではスーパーコンピュータ、サーバー、組み込みシステム(携帯電話やテレビなど)など、大小さまざまなシステムで使われています

自分で開発したWebアプリなどを公開する際、VPS(Virtual Private Server)を借りることになります。Linuxは、VPSにインストールできる標準的なOSです。

Linuxは開発において、主にサーバーとしての用途で使われます。

Linuxコマンドを理解する必要性とは?

Linuxの操作はWindowsやMacのようにマウスで操作するGUI(グラフィカルユーザインタフェース)方式ではなく、キーボードからコマンド打って操作するCUI(キャラクタユーザインタフェース)方式になります。

Linuxはコマンドを打ってあらゆる操作を行いますので、最低限のLinuxコマンドを理解しておく必要があります。

LinuxはWeb開発やシステム開発など、さまざまな開発の現場で使われます。たとえば開発に関わる基本的な操作、Gitなどのコマンドやファイル管理などでコマンドを使用します。

そのため、基本的なLinuxのコマンドは習得しておかないと、開発の現場においては不便を強いられます。

よく使うLinuxコマンド一覧

まずは、Linuxでよく使うコマンドを紹介していきます。ここで紹介しているコマンドは使用頻度が高いので、ぜひ実際にコマンドを打って動作を確認してみましょう!

コマンド説明使用例
cdディレクトリ(フォルダ)移動cd 移動したいフォルダ名
lsフォルダの内容をリスト形式で表示する中身をみたいフォルダに移動して、ls
mvファイルを移動mv (移動元ファイル名/フォルダ名) (移動先ファイル名/フォルダ名) 
cpファイルやフォルダをコピーするcp (移動元ファイル名/フォルダ名) (移動先ファイル名/フォルダ名) 
clear消さずに画面を綺麗にする
mkdirフォルダを作成する mkdir フォルダ名
touchファイルを作成するtouch ファイル名
rmdir空のフォルダを削除するrmdir フォルダ名
rmファイルやフォルダを削除するrm ファイル名/フォルダ名
pwd現在いる位置を表示する
findファイルの検索をするfind / -name ファイル名
catファイルの内容を表示するcat ファイル名
diffファイルとファイルの内容の違いを表示するdiff 旧ファイル名 新ファイル名
grep指定した文字列がテキスト内に存在した場合その行を抽出するgrep “検索したい文字” * ファイル名
chmodファイルやフォルダのアクセス権限を変更するchmod 権限ファイル名
chownファイルやフォルダのオーナーやグループを変更するchown 変更したいユーザー名 変更したいファイル名
historyコマンドの履歴を表示する
lnファイルやフォルダにリンクを設定するln リンク元ファイル名 リンク先ファイル名/フォルダ名
manコマンドのマニュアルを表示するman コマンド
aproposmanページの内容を検索するapropos キーワード
lessテキストファイルを閲覧するless ファイル名
moreファイルをページ単位で閲覧するmore ファイル名

目的別!よくLinux使うコマンド

ここからは、次の目的別によくLinux使うコマンドを、一覧表にまとめて紹介します。

ディレクトリ・ファイル操作したいとき

コマンド説明
pwd現在のディレクトリを表示する
cd指定したディレクトリに移動する
lsディレクトリの中にあるファイルやディレクトリを表示する
touchファイルがない場合に新規作成する(ファイルがある場合はタイムスタンプを変更する)
mkdirディレクトリを作成する
rmファイルを削除する
rmdir空のディレクトリを削除する
cpファイルやディレクトリをコピーする
findファイルを検索する

テキスト操作したいとき

コマンド説明
vi(vim)テキストエディタ「vi(Vim)」を起動する
catファイルの中身を表示する
tail指定した行数分、ファイルの中身を表示する
nlテキストに行番号をつけて表示する
wcファイルの行数や文字数をカウントして表示する
grep指定したファイルに特定の文字が入っているか確認する

なお、テキストエディタ「vi(Vim)」には専用のコマンドも多く、操作方法を学ぶ必要があります。

ユーザー管理したいとき

コマンド説明
useradd/adduserユーザーを新規作成する
deluserユーザーを削除する
groupaddグループを新規作成する
groupdelグループを削除する
chfnユーザー情報を変更する

システム管理したいとき

コマンド説明
free空きメモリや、使用中メモリを表示する
last最近ログインしたユーザー名を表示する
fingerユーザー情報を表示する

ネットワーク関連を設定したい時

コマンド説明
routeルーティングの表示や設定を行う
ftpファイルをFTPで転送する
sshsshでログインする

Linuxコマンドは他にもたくさんありますが、全部覚えようとしても効率が悪いです。せっかく覚えても一生使わないものもあります。

まずは上で紹介しているものだけで十分ですので、ぜひ実際に手を動かして試しながら使ってみてください。

Linuxコマンドを覚える3つのコツ

Linuxコマンドを覚える3つのコツ

Linuxコマンドは数が多く、使いこなすまでに時間がかかります。

そこで、ここからはLinuxコマンドを覚えるためのコツを、3つにまとめて紹介します。

実際に手を動かして練習する

特に重要なのが、実際に手を動かして練習することです。コマンドを調べて覚えるだけでは、コマンドにつけるオプションを含めた使い方を覚えることが難しいからです。

例えばファイルの中身を表示する「ls」コマンドには、以下のようにファイルの表示方法を変えるオプションがたくさんあります。

オプション名概要
-l長いフォーマットで表示する
-h「-l」と併用したとき、サイズを人が読みやすい形式で表示する
-F名前の後にタイプ識別子をつけて出力する
-pディレクトリの場合のみ「/」を付けて表示する
-Cリストを常に複数の列で出力する
-tファイルの更新日が新しい順に表示する
-Sファイルサイズの大きい順に並べる
-X拡張子のアルファベット順に並べる

上記はあくまでもlsコマンドにあるオプションの一例です。オプション名だけを見て、すぐにどんなオプションかイメージできない人が多いのではないでしょうか。

しかし実際に操作することで出力結果がわかるため、コマンドのオプションを直感的に覚えやすくなります。なお、実際に手を動かす際は「成り立ち」を考えながらコマンド入力することがおすすめです。

例えば「-h」オプションは「help」を指し、コマンドのヘルプ(使い方など)を表示します。ほかにも「-n」オプションは「number」を指し、行番号をつけることが可能です。

このようにオプションの頭文字が何を指すのか、整理した上で実際にコマンドを打つと覚えやすくなります。

ディレクトリ構造の理解を深める

Linuxのコマンド操作では「コマンドを実行するディレクトリの位置」がとても重要です。ディレクトリを指定しなかった場合、今いるディレクトリに対してコマンドを実行するからです。

システムの動作に必要なファイルのディレクトリが決まっているので、押さえておくことをおすすめします。

ディレクトリ概要
/最上位にあるディレクトリ(ルートディレクトリ)
/binユーザーが使用する実行ファイルを格納しているディレクトリ
/bootシステム起動に必要なファイルを格納しているディレクトリ
/devハードウェア機器を表すファイルを格納しているディレクトリ
/etcLinux設定に必要なファイルを格納しているディレクトリ
/homeユーザーのホームディレクトリ
/libライブラリを格納しているディレクトリ
/mediaUSBなどのリムーバブル媒体のマウントポイント
/sbinシステム管理者用のコマンドを格納しているディレクトリ
/optアプリケーションパッケージがインストールされるディレクトリ
/procシステムの状態がファイルで保存されているディレクトリ
/usrユーザーが共通して利用するプログラムなどを格納しているディレクトリ
/varシステム運用中に生成・削除されるデータを保存するディレクトリ

なお、さらに細かいディレクトリ構造を確認したい場合は「treeコマンド」の使い方を覚えておくことがおすすめです。treeコマンドとは、ディレクトリやディレクトリに含まれるファイルをツリー状で表示するコマンドのことです。

treeコマンドでは、指定したディレクトリの構造をツリー上に表示できます。

指定したディレクトリの構造をツリー上に表示

LPICを取得する

Linuxのコマンドを覚える上でおすすめなのが、Linux技術者認定試験「LPIC」の取得です。なぜならLinuxの基礎知識を習得しつつ、操作に必要なコマンドから覚えていくことができるからです。

例えばLPICの試験レベル1「LPIC-1」では、以下のコマンドを学べます。

  • 「echo」「env」などの基礎的なコマンド
  • 「cut」「less」などのファイル確認に必要なコマンド
  • 「find」「ls」などのファイル管理に必要なコマンド

参考:LPIC-1 Exam 101 Objectives

ただコマンドを打つだけではなく、資格試験として問題を解くため「どんなシチュエーションで使うコマンドか」を理解しやすいメリットがあります。また、コマンドを打って覚えるだけの場合と比べて、学習のモチベーションも維持しやすいです。

コマンド操作で覚えておくと便利なショートカットキー

覚えておくと非常に役立つショートカットキーをご紹介します。これは頭で覚えるというより、指に慣れさせましょう。便利そうだなーと思ったものから早速つかってみるといいでしょう。

必須というわけではありませんが、これを使いこなすか否かで、効率性が2~3倍違ってきます。

ショートカットキー説明
↑ ↓コマンド履歴を順に表示
tabキーフォルダやファイル名の予測変換
Ctr(control) + aカーソルを先頭に
Ctr + eカーソルを終端に
Ctr + bカーソルを一文字戻す
Ctr + fカーソルを一文字進める
Ctr + dカーソル位置の文字を消す
Ctr + hカーソル位置の左側の文字を消す
Ctr + wカーソル位置の左側の単語を消す
Ctr + rコマンド履歴の中で検索する

Linuxのコマンドで困ったときの調べ方

Linuxのコマンドはコマンドごとにオプションが用意されています。たとえば、「ls」コマンドだったらファイルを一覧で表示させたり、更新されたファイル順に表示させたいときもあるでしょう。

そんなときは「man」コマンドを使用すると、対象のコマンドの使い方や使用できるオプションを調べることができますので、使い方はぜひ覚えておきましょう!

manコマンドは以下のように記述します。

man コマンド名

また、上でも説明していますが、Linuxコマンドは全てを覚える必要はありません。現役のエンジニアやプロでも全て覚えている人はほとんどいないでしょう。

では日々どうやってプログラミングしているのかというと、「必要になったら調べている」のです。その正しい調べ方を知っていれば、どんな問題も怖くなくなります。

チェックテスト

チェックテスト下記、コードにおいて、下記表示をするために必要なcssプロパティはどれかdiscordにて共有ください。

TOP