git commit(コミット)コマンドを使用すると、Gitに新規に作成したファイルや変更したファイルを登録することができます。

この記事ではgit commitコマンドについて、以下の内容で解説していきます。

目次

git commitとは

git commitとは一言で言うと「追加・変更したファイルをGitに登録するためのコマンド」です。通常のファイル操作では変更した内容を上書き保存すれば、ファイルの内容が変更されますが、Gitのリポジトリに変更内容を登録(保存)するためには、git commitを使用する必要があります。

初心者がよく陥りがちなのがファイルの変更だけしてgit commitを忘れてしまうことです。git commitはGit初心者が最初に覚えるべきコマンドの1つですので、ファイルをGitに登録するときはcommitを使用するということを覚えておきましょう。

git commitの使い方

それでは実際にgit commitコマンドを使用してローカルリポジトリにファイルを登録してみましょう。

ここでは「/Users/ユーザー名」以下に「gitwork」ディレクトリを作成して新規ファイル「commit.txt」を作成します。

$ mkdir gitwork
$ cd gitwork
$ touch commit.txt

次にgit initコマンドでローカルリポジトリを作成します。

$ git init

リポジトリを作成したら次はgit addコマンドでファイルをインデックスに追加します。

$ git add .

git statusコマンドを実行して作成したcommit.txtが追加されているか確認してみます。

$ git status

実行結果:

On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (usegit rmcached <file>…” to unstage)

    new file:   commit.txt

このようにcommit.txtが追加されていることがわかりますね。最後にファイルをgit commitコマンドで登録しましょう。

$ git commit -mコミットテスト

これでコミットは完了です!

git commitはオプションの「-m」を付加することでコミット時にコメントをつけることが可能です。

その他のコミット方法

ファイルを指定してコミットする

一部の変更したファイルのみコミットしたい場合は、引数にファイルを指定することで対象のファイルのみコミットすることができます。

$ git commit ファイル名

コマンドを実行すると、エディタが起動しますのでコミット内容を入力します。先述したようにコミットと同時にコメントを付けたい場合は「-m」オプションを指定します。

$ git commit -mコメント内容ファイル名

変更内容を全てコミットする

現在のディレクトリ配下含めて変更内容を全てコミットする場合は、git commitコマンドの引数にドット「.」を指定します。

git commit .

これで簡単に全ての変更したファイルをコミットすることができます。

既存ファイル含めて全てコミットする

変更内容含め全てのファイルのコミットしたい場合は「-a」オプションを使用します。なお、新規ファイルに関しては事前にaddコマンドでインデックスを追加しておく必要があります。

$ git commit -a

チェックテスト

チェックテスト下記、コードにおいて、下記表示をするために必要なcssプロパティはどれかdiscordにて共有ください。

TOP